30代の黒ずみ対策をご紹介!

脇の黒ずみ対策ご紹介

若い頃は気にならなかったのに、最近、脇の黒ずみが気になる…。

 

そのような悩みを抱える方は多いです。若い頃は日焼けもすぐに治まったし、ニキビや肌荒れもすぐ治った。なのに30代になってから、シミやそばかす、シワ、そして黒ずみが目立ってきた…。30代では、まだノースリーブを着たいでしょうし、ウエディングドレスを着る予定の人もいるかもしれません。なのに、肌のトラブルがそれを邪魔してきたら、悲しくなりますよね。「私ってもうそんな年齢なの?」と暗い気持ちになってしまう前に、試してみて欲しいことがあります。

 

まずはなぜ、30代から黒ずみを始めとする肌トラブルが増え始めるのか、どう改善すればいいのかを説明していきます。

 

 

30代は肌のターンオーバーが鈍くなる!

ターンオーバーが鈍くなる

「30代で黒ずみに悩むようになる理由?そんなの、年をとれば肌トラブルが増えるのは当たり前じゃない」。このように安易に捉えて、「なぜ?」というところから目をそらしていたら、改善策も見つかりません。30代はこれまでと何が違うのかを、まずは理解しておきましょう。

 

30代で脇の黒ずみに悩まされる理由。それは肌のターンオーバーが鈍ってくるからです。肌のターンオーバーとは、肌の新陳代謝、つまり古い肌が新しい肌に生まれ変わる周期のことを言います。このターンオーバーですが、20代だと28日かかります。1ヶ月もしないうちに肌が生まれ変わるのですね。

 

しかし、これが30代になると、1回のターンオーバーに40日かかってしまうと言われています。さらに、40代になると55日にまで延びてしまいます。30代になってシミ・そばかす・くすみ・黒ずみが目立ち始めるのはこのためです。35歳あたりからはエストロゲンという女性ホルモンも落ち始め、肌老化の初期症状が始まると言われています。

 

また、30代からは、これまでの肌ダメージが表面化し始める時期でもあります。20代の頃の紫外線によるダメージやメイク等による化学物質のダメージ、不規則な生活は一気に肌に出てきます。20代までは紫外線をたくさん浴びても、メイクを落とさないで寝てしまっても、スキンケアを怠っても、特に肌に影響が出なかったとしても、30代を超えたらそうはいかなくなってきます。

 

30代になって表面化してくる肌ダメージの、ほとんどがメラニンという成分によるものです。メラニンは紫外線等の影響で肌が刺激を受けた時、肌を守ろうとして生成されます。メラニンが生成されるのは、刺激から肌を守る大事な働きです。しかし、メラニンは蓄積されると黒ずみやシミとなってしまうのです。20代のターンオーバーが活発な時期なら、このメラニンは古い肌が剥がれ落ちるのと一緒に、体外に出ていきました。しかし、30代を過ぎるとターンオーバーが鈍りますから、メラニンを蓄積させ、シミや黒ずみとして残しやすいのです。

 

30代からのターンオーバーの乱れによって、脇の黒ずみが目立ってくるのも、このためです。

 

また、30代で脇の黒ずみに悩まされる理由として、肌を守る機能が弱ってくることも挙げられます。紫外線や乾燥から肌を守る働きが鈍ってしまうのです。脇の黒ずみの原因は大きく2つ。脱毛・除毛による摩擦ダメージと、制汗スプレーや黒ずみ隠しのファンデーションによる化学物質ダメージです。このダメージから皮膚を守る働きが、30代になると弱くなるということです。20代の時にそうしていたように、自己流の毛の処理や化学物質を脇に施していても、これまでよりずっと強くダメージを受けるようになります。黒ずみができやすくなってしまうのです。

 

 

じゃあ、30代で黒ずみを改善するには、どうすればいいの?

どうすればいいの?

30代になると脇の黒ずみが気になり始める理由は、ご理解頂けたでしょうか?肌のターンオーバーが鈍ってくること、そもそも肌ダメージを受けやすくなることが、美しい脇になることを邪魔しているのです。30代になって悩まないよう、20代の頃から日頃のケアを怠らないこと、栄養バランスの良い食事をし、規則正しい生活を送ることが大事です。

 

しかし、では、30代になって脇の黒ずみを始め、肌トラブルが起きてしまった場合、仕方がないものとして、受け入れるしかないのでしょうか?結論から言うと、全くそのようなことはありません。30代でキレイな肌を諦める必要はありません。

 

30代から肌を改善するためには、まず、化粧水や乳液といったケア用品を見直してみましょう。本当に自分に合うものに出会うため、いろいろ探してみてください。コスメ売り場の店員さんに相談してみたり、ネットで悩みに合ったものを使ってみても良いでしょう。これまでは、ケア用品は「とにかく安いものでいい」「友達が使っているのと同じでいい」と簡単に考え、そして面倒な日はやらない、等と手を抜いてきた人もいるかもしれません。しかし、20代の手抜きさをそのまま続けてしまうと、後で後悔してしまいます。化粧水や乳液はもう少しこだわって、毎日コツコツ続けるようにしましょう。

 

化粧品や乳液と言うと、顔に使うものというイメージがありますが、脇の黒ずみにも効果があります。脇の黒ずみが気になるようでしたら、お風呂上りに脇にも付けて下さい。

 

また、30代からでも十分に間に合いますので、規則正しい生活、食習慣を心掛けて下さい。やはり肌をキレイに保つには、内側からのケアが最も大事です。夜更かしはしない、油分の多い食べ物は控える等、これまで以上に意識を高く持つ必要があるでしょう。

 

 

まとめ

まとめ

30代になって、脇の黒ずみを始め、20代の頃には特に気にならなかったことが気になり始めるかもしれません。

 

スキンケア用品は慎重に選び、毎日のケアを怠らないこと。

 

生活習慣に気を付けることが美容、そして今後のあなたの健康にとっても重要なことです。美意識を高めて、これからもおしゃれを楽しんでいきましょう。

 

 

 

脇の黒ずみ対策はコチラから!