脇の黒ずみはすごい恥ずかしい!

恥ずかしい

脇の黒ずみで悩んでいる方は相当ストレスが溜まっているかと思います。

 

  • 夏のシーズンではノースリーブとか着れない
  • 手を上げる行為が恥ずかしくて出来ない
  • 友達との外出先・旅行先では見せられない
  • 気になっている彼とのデートでは見られるのが怖い

 

など、人それぞれシチュエーションが違えど、脇の黒ずみを他人に見られるのはすごい嫌です。

 

出来るなら脇の黒ずみがなくなるまで誰にも見せたくない!

 

誰もが一度は思っている脇の黒ずみに対する思いです。黒ずみを気にしてしまうと頭からずっと離れないものです。先程も言いましたが、知らず知らずの間に相当なストレスを溜め込んでしまっているかもしれません。

 

ストレスが溜まり過ぎると黒ずみ以外にも様々なトラブルが起こってしまう可能性だってあるのです。顔に吹き出物が出てしまったり、顔色がおかしくなったりする外見のトラブル。体の調子が崩れてしまったり、色々な病気を引き起こしてしまったりする体内部のトラブルなどストレスを溜め込んでしまう事によって様々なトラブルを招いてしまうのです。
脇の黒ずみによるストレスでも悪循環に陥ってしまう事がなきにしもあらずなので、コンプレックスを感じているのなら早急な対策が必要です!

 

もちろん黒ずみ部分が無くなればストレスも無くなり、体のトラブルも無くなるので、ストレスフリーで快適なライフを送る事が出来ます。

 

 

脇に黒ずみが起こってしまう原因とは?

脇の黒ずみは基本的には他の部位の黒ずみになる原因と同じです。

 

ターンオーバーの崩れによって起こる黒ずみ

紫外線

人間の細胞は常に細胞分裂をして新しい細胞を作って行きます。よく小学校の理科で習った内容なので、覚えている人は覚えているかと思います。今ある皮膚が生まれ変わって新しい皮膚になるの。これを美容の言葉で言うと”ターンオーバー”といっています。このターンオーバーが正常に働いていると約1ヶ月で新しい皮膚に生まれ変わると言われています。

 

しかし、紫外線などが原因で肌のターンオーバーが乱れてしまう事により、黒ずみの原因となるメラニン色素が皮膚の中に沈んでしまう事が起き(色素沈着)、細胞分裂が不十分となってしまい、細胞が押し上げられず垢とならずに排出されない事が起こってしまうのです。そして、黒ずみの原因となる訳なのです。

 

 

もっと詳しく説明すると以下のようになります。

 

黒ずみになるメカニズム

そもそも、黒ずみになってしまうメカニズムはメラニン色素を大量に生成されてしまうからなのです。
肌を紫外線から身を守る為にメラノサイトと言うメラニン色素を生成させ、そこから信号が出て大量にメラニン色素を出して紫外線から肌(細胞核)を守ろうとしているのです。
(一種の人間の防御反応に当たります。)

 

メラニン色素は肌を守る為には必要不可欠な存在です。

 

しかし、その重要なメラニン色素も大量に生成されればいらなくなったメラニン色素も存在してくるのです。正常なターンオーバーでは、いらなくなったメラニン色素も細胞分裂が盛んに行われ、黒ずみになっているメラニン色素細胞もどんどん押し上げられ表皮まで行き、垢となって外へ排出されるのです。
乱れているターンオーバーであれば、細胞分裂があまり機能されず、メラニン色素細胞も表皮までたどり着くことが出来ずに、皮膚の下に溜まって行くのです。

 

これが黒ずみになるメカニズムなのです。

 

 

過度の摩擦が原因によって起こる黒ずみ

過度の摩擦

過度の摩擦抵抗があると、皮膚に相当なダメージを与えている事になります。
皮膚にダメージを与えると皮膚の内部ではどのようなメカニズムで黒ずみが起こってしまうのでしょうか。
まず、脇が摩擦抵抗が起こってしまう要因としては脇ずれによる摩擦抵抗と脇を洗う際に起こる摩擦抵抗が考えられます。

 

人間の皮膚は外部刺激が起こると防衛反応が起こり、皮膚を守ろうとしてどんどん角質を厚くそして硬くなっていくようになるのです。

 

そして、皮膚を守る重要なポストとしてメラノサイトがありますが、外部刺激に対してメラニン色素を生成して皮膚を守ろうとします。その際にメラニン色素が色素沈着を起こしてしまい、肌が黒く変わっていくのです。

 

しかも、皮膚が厚ければ厚いほど視覚から見える黒ずみははっきりと見えるようになってしまうため、脇の黒ずみははっきりと見えてしまうことがあるのです。

 

お風呂場で脇の臭いを消そうとゴシゴシと洗っている人、それに二の腕が太っている人などは脇の摩擦抵抗が激しくなることから、脇の黒ずみには要注意です。摩擦による刺激が強ければ強いほどメラニン色素の生成が増えてしまいますので脇を洗う際には優しくしてあげることが大切です。二の腕が太い人は脇ずれが生じやすいので脇の黒ずみにならない為にも痩せる必要があるかと思われます。

 

 

ムダ毛処理によって起こる黒ずみ

ムダ毛処理

このムダ毛処理のキーポイントも”刺激”なのです。

 

特に女性は脇毛処理をかかせない人とか少なくありません。夏のシーズンになると、どうしても肌を露出したファッションを着たくなってしまいます。気温的な問題もあるので薄着にならざるを得ないと思います。

 

そんな時に脇からチラッと脇の黒ずみが見えてしまった時には、もう時すでに遅し!
恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

基本的にムダ毛処理をする事で脇に強い刺激を与えてしまう事になります。
カミソリで脇毛を剃るにも皮膚に強い刺激を与えてしまいますよね。ピンセットなどで脱毛をしたとしても当然、毛根を取る訳ですから皮膚にも強い刺激を与えてしまいます。

 

また、ムダ毛をする事で毛穴を閉じてしまう事があり、埋没毛となって脇毛が外に出てこられず炎症を起こしてしまい、脇が黒ずみになってしまうのです。それに、脇がボツボツしてしまう現象も見られます。

 

ずっと継続的にムダ毛処理を行う事によって、色素沈着が起こってしまい、結果的に黒ずみに変化してしまうのです。

 

 

毛穴に皮脂や垢が溜まって起こる黒ずみ

毛穴の汚れ

毛穴に皮脂や垢が溜まってしまうとどうなってしまうのか?
人間の脇には腺や汗腺がいくつか存在します。アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺があるのですが、それぞれ外へ分泌物を排出する役割があります。

 

ここで勘が良い人にはピンと来たかもしれませんが、毛穴に皮脂や垢、汚れが溜まってしまう事で、腺や汗腺の分泌物が外へ排泄しずらくなってしまう事が起きてしまうのです。

 

このまま毛穴に皮脂や垢、汚れが溜まったまま放置してしまう事で、各腺の分泌物や老廃物の排泄が悪くなってしまい、汗の臭いが強くなったり、脇の痒みが生じてしまったり、最悪黒ずみの原因に繋がる事だってあるのです。

 

汗をよくかく季節などには十分に毛穴を塞いでしまわない様にしっかりとケアをしていかなければなりませんね。

 

 

脇の黒ずみ対策は何がオススメなの?

何がオススメ?

当サイトオススメのクレアフォートが脇の黒ずみ対策としてオススメです。

 

このクレアフォートは黒ずみの原因である

 

  • ターンオーバーの乱れ
  • メラニンの過剰生成
  • 毛穴の詰まり
  • 乾燥

 

これらの負の黒ずみスパイラルを外側からも内側からもアプローチしてくれるのです。

 

その為には肌のベース作りから必要になってきます。
強い肌を作る事でアプローチしやすい肌になれるのです。

 

そして、クレアフォートならではの5つのメソッドで明るい肌へ導くようにするのです。

 

メラニン生成の過程に応じて効果的にブロックしてあげる
肌を活性化させて肌機能を低下したダメージ肌をしっかりとケアする
乾燥肌やはり感の低下を整え、肌を硬くしてしまわないようにケアする
毛穴トラブルにアプローチをし、脇を清潔に整える
脇に潤いを与え、しっかりと保湿できるように包み込む

 

これら5つのメソッドで脇を明るく導くのです。

 

実際にクレアフォートを使ってみた乾燥や口コミはコチラにありますので参考までにどうぞ!

 

 

 

 

 

クレアフォートの口コミ集